私はマイナス思考。今そこから抜ける修行してます。

私は、チョーがつくマイナス思考です。
落ち込んでるとき、人にしゃべってみたり、早く寝たりすると忘れる方もいますが、私は筋金入のマイナス思考。小さな悩みで3日は、食欲が落ちます。まあ、仕方ないけど人生終わるかも?と心配するので正直しんどいです。そんな私、最近変わるために修行しています。まずは、落ち込んでるとき、人に話す、これは、前からしていますが、人から言葉をもらったら素直に受け止めることを集中します。あなたは、何もわからないじゃん!と否定は、やめました。
さらに、日記に書くこと。それが次に落ち込んだ時の励みになります。
アラフォーになり、小さな悩みが増えたし、物忘れもあり、仕事に育児に失敗がありますが、これをいかに流すのかが私の修行。
今はヨガに行ったり、子供の英会話塾についていき、新しく環境で気持ちをリセットしています。
どうしても!のときら、ショッピングもありですね。
あとは、美味しいコーヒーと仕事に集中すること。
今は日記が役に立っています。脱毛ラボ 料金 スピード

都会で働くというイメージの変化が必要ですね

地方に行くと、ここまで、外国の方が日本を好きだということはわからないのだと思います。たとえ、何万人の人が来日しても、自分の生活とは違いますから。これからは、拠点の街というものがもとになって、そのほかには、住めなくなるような話も聞いたことがあるくらい、地域は過疎になるそうですね。外国の人も都会が好き。日本人も都会が好きだと、都会ばかりが、狭いうえに狭くなってきてしまいます。自動運転が本当に実現するのであれば、地方でも、寝ている間に、都会に到着できるので、住む人は出るのかもしれません。不便だし、自分の力でしか、都会に出ることができないので、自動運転はありがたいサービスですね。ただし、今度は、道路が悪くなっていて、先に進めないとなると、さらに田舎には住めなくなります。道路の管理はどうしても必要ですね。
やはり、働く人が都会で働くというイメージのカッコよさを何か変化させないといけないのかもしれまんせんね。

ハンドメイドしたのって見るのが好きです!

秋保のハンドメイドマーケット♪
2ヶ月に1度開催されるようになって割りと頻繁になってきたな〜
しばらく行ってなかったけどアグリエ寄った時にやってたから覗いて見☆
40店舗くらいあって前よりも多くなってる!
少ないと何か視線が痛くて買わなきゃダメかしら?雰囲気になり、たいして欲しくもないのに買ったりしちゃうのよね(笑)
見慣れた方々ばかりだから目が合うととりあえず会釈…
息子くんがお腹に居る時にハンドメイドマーケットはよく来てベビーグッズ買ってたからなw
今回はイラストレーターさんが居て、家族の絵を書いてたのでお願いしました♪
書く人によって絵は特徴を誇張したりする事が多いけど、特にそんな事なく家族全員が似てる可愛い作品が出来ました!
本当にそっくりだ〜

後はふわぷかさんのお店でおむつポーチ購入!
個人でお店まで作った方で凄く人気があるんだよ☆
全国に発送してるからネットでも購入しちゃえまーす!
可愛いレモン柄のオムツポーチが可愛すぎて一目惚れです♪
壊れてて新しいの欲しいと思ってたからね〜
やっぱり取って付で持ち歩けるタイプのはいいです!
鞄に入れると場所とるからね…
1年以上前なのにエルゴかバー買ったの覚えててくれて嬉しかったです!
こういう接客に向いてる人じゃないとハンドメイドで生計立てるの無理だろうな…
作るだけなら私も得意だけどコミュニケーション能力がないので(笑)キレイモ 学割 値段

スマートフォンの容量不足をどうしようか悩んでいる

私がスマートフォンに替えてからもう4年くらい経っていると思います。
もうかなりがたが来て音声をオフにしているのに突然オンになることがありますし、常に容量不足に悩まされています。
もう買い替えたいところなのですが、私にとってスマートフォンの優先度はそれほど高くないためにその決断ができないです。
世間ではパソコンよりスマートフォンを使う人の方が多いそうですが、私にとってはパソコンの有無は死活問題なのでお金に余裕があればそちらの方につぎ込みます。
ただでさえ今年買ったゲーミングパソコンのローンがまだあるので余計なことにはお金が使えません。
スマートフォンでやることと言えばゲーム、メルカリ、英語学習のアプリ、あとごく少数の人との連絡やこまごまとしたことです。
メルカリが使えないと困るのですが、これはおそらく低スペックスマートフォンでも問題はないでしょう。
問題はゲームだけで、これから「アトリエオンライン」という気になるゲームが来るので容量を空けたいところですが削除すべきアプリが決められません。
そうしている間に私が好きな漫画のハンターハンターのアプリも今年の冬出るそうでそちらも気になっているのでした。

海外旅行から帰ってきて真っ先に食べたくなった物

こないだ2週間ほど海外旅行に行っていました。リゾート地で日常から完全に離れてただただのんびり過ごす毎日は最高!夢のような時間を過ごして充電完了。
いざ帰国して一番に食べくなったのはお味噌汁と漬物でした。笑 ホテルで散々ステーキにシーフードに、贅沢なご飯を堪能してきたというのに恋しくなったのは粗食でした。
もう空港に着いたらそのまま定食屋さんに直行してしまいそうになりました。でも実家で食べる普通の慣れ親しんだお味噌汁と漬物が食べたくて。実家にわざわざ寄ってご飯を作ってもらうという迷惑者。
一口食べたらもう旅の疲れが吹き飛びました。何でしょう。身体に染み渡る感じ。この感覚は海外旅行では味わえないと思います。やっぱり故郷の味って格別ですよね。
どんな美味しい豪華な料理にも叶わない。私の身体に染み渡るのは味噌汁と漬物!と実感してしまいました。
海外旅行でリフレッシュして実家で大好きなご飯を食べてまた毎日を頑張れそうです!

娘と2人で実家にお泊りする週末のために。

今週末は、自宅から車で一時間の距離の私の実家に娘と2人でお泊り!
その為の準備が結構沢山で大変っ。
とりあえず、お留守番の夫の食事等は本人に任せるとして・・・
(友達と食べに行くもよし、自宅から徒歩圏内の実家に帰るもよし、自炊するのもよし)
結構娘の荷物が多いんですよね。
というか、私が心配性すぎてあれもこれも!ってなっちゃうんですが。
実家に帰るとき、毎回おむつとおしりふきは用意してくれているからいいとして、
着替え、お風呂グッズ、おもちゃ、ベビーチェア・・・
この辺をどれだけ持っていこうかと。
実家に泊まりに行くときは、必ずと言っていいほど
私の祖父母や叔母・いとこたちの誰かが遊びに来てくれて
娘の相手をしてくれるので、あまりおもちゃはいらないかなーと思いつつ、
でも、たまにしか会えないので、おもちゃで遊んでるとこみせてあげたいなーなんて
思っちゃうともうカバンいっぱいにおもちゃを詰め込みたい気持ちでいっぱいになります(笑)
服も同様、可愛い服着てるとこみせてあげたくて、
あの服もこの服も・・・!ってなっちゃうんですよね、ただの親バカだ。
あと、忘れちゃいけないけどついつい忘れがちな私のもの。
最近、娘中心になってしまってて、私のことはそっちのけ・・・
母乳パットとか、化粧品とか、ついうっかり忘れそうになるんですよね。
改めてリスト作って荷造りしないと、絶対忘れ物しそう。。。

玉子って大事?週末は安いのでつい買いに行きます

また今日も行かなければ。毎週日曜日に近所のスーパーに買い物に行ってしまいます。単に食材がなくなるスパンというわけではなく、お目当てがあるんです。それは、「たまご」です。いつもはけっこうするのですが、日曜の朝に安売りがあるんですよね。以前は玉子だけが安かったのでもっと人が多かったのですが、あまりにも玉子目当てで並ばれるので対策したんでしょうね。最近は1家族1個で、しかも1000円以上買ったら安い値段になっています。それでも食材を買う買い物なのでだいたい1000円以上は買いますが。今日は朝から雨ですが、玉子には代えられません。今は父のわたしのふたりですが、やはり1パックは欲しいんですよね。パンを食べるにしてもおかずになるし、面倒なときは玉子掛けご飯にも出来るし、玉子って重宝します。まだ今週も食事のメニューを考えてはいませんが、とりあえず買い物をしながら考えようと思います。たまにはかに玉とかもいいかな。丼ものも食べたいなぁ。ミュゼ vライン 範囲 狭い

マンション投資の資料請求をしたら、電話営業と脅迫めいた面談予約の応酬だった

年金も68歳支給や70歳支給になると噂されている。また減額されるかも知れないなどと言われている。一方で一億総活躍社会なんていって、70歳まで働くことを政府は推奨している。70歳まで満員電車に乗って働かないと生きていけないのかと思うとぞっとする。そんなことで、少しマンション投資なんて考えてみた。都心のワンルームマンションに投資して、家賃収入を得るというやつで、資料を10社一括請求のサイトにアクセスしてみたのだ。
 クリックして数分後、電話がなった。資料を送る前の確認だと言われた。あっさり確認で終わる業者もいるが、中には鼻息の荒い業者もいて、一度来社して説明させてくれと強引に言われ、来社日時を迫ってくる人も業者もいた。資料を請求しただけで、携帯電話は送る前の確認、到着確認、来社面談予約と1社最低3回は電話攻撃にあった。さらに極めつけは自宅まで押しかけてくる業者まで現れたのだ。営業ノルマがあるのは分かるのだが、返って逆効果になることをわからない営業マンが多い気がした。もはや、携帯電話が鳴るだけで、何だか不機嫌な気持ちになってきた。
 本当に売れている良いものは、営業電話などしなくても売れるのだろう。営業マンが必死に電話掛けして、来社させ面談することを想像すると、契約するまで返してもらえないような監禁でもされるような気持ちなり、結局辞めた。そんな時に、シェアハウスの会社が倒産したニュースを見た。やはり、70歳まで不愉快な満員電車に乗るしかなさそうだ。

娘の所属するチームが松山市冬の選抜大会に出場しました。

娘の所属するチームが松山市冬の選抜大会に出場しました。娘は主力メンバーでしたが、12月半ばの練習試合で左足首を粉砕骨折をしてしまい出場は叶いませんでした。私が言うのも何ですが、娘が抜けた穴は大きいと感じていましたので、とりあえずベスト4に残れば、1月の県大会に残れるので3勝して何とか出場する機会を得て欲しいと思いました。初戦、2回戦とも主力のガード二人がボール保持で明らかに上回り圧勝して、ベスト8に駒を進めました。そこでも我がチームは娘のいない穴をものともせず、基本ツートップでボールを運びそこで得点を重ねることができました。そして見事にベスト4まで勝ち上がり、準決勝は苦戦の上勝利、決勝は新人戦で勝利した相手に1点差で敗れはしましたが、健闘してくれました。これで1月に行われる県大会に進出が決まり、新人戦で愛媛を制しているので、優勝候補は間違いありません。これに勝てば四国大会につながり進路を考える上でも色んな優秀な先生に見てもらえる機会も増えます。ここは早く怪我を治して戦いの場へと向かって欲しいです。

つれづれなるままに…文章を書いてからタイトルを考える。

随筆というものがある。有名な吉田兼好の徒然草にあるように、つれづれなるままにの書き出しで思いついたことをそのまま書いていくという手法だ。
意外とこれが自分に合っているというかこれしか書けんのかというぐらいに自分のブログを読み返してみるとこの手の文章が多い。
もっとも、思いつくままに書いているから結論でうまくやる3段論法とか起承転結などありはしない。だからこそ、タイトルを最初に書いてもたいてい無駄に終わる。
だから、最初からタイトルを書く場合には結構書きたいことがはっきりしていて、オチとか最後のまとめの文章がうまくいくだろうという時にしか書かない。
これは意外と労力がかかるもので、あと文の体裁にこだわったり文字のミスがないかどうかチェックしたら結構な時間がかかるわけである。
以前は、このタイプの文章も書けたし書いた。下手ながらもね。
書かなくなったのは、この手の文を書いている時に限って通信エラーとか何かのエラーでせっかく書いた文章をロストする場合が多かったわけだ。