燃料電池車や化石燃料などについて研究

燃料などについて稽古をしました。燃料電池自家用車は、水素は水素タンクから渡し、酸素はフィーリングにふくまれて要るものを使います。ガソリン車になるエコカーとして期待されてある。スペースシャトルでは、燃料電池から電力を得ています。燃料電池で発生した水は、飲み水として利用しています。化石燃料とは石油、石炭、生得気体を化石燃料と効く、度数億ご時世前から度数千万ご時世前の生物の遺がいが地層の中で長くに変化してできたものです。1回で電気熱に繋がるわけではありません。我々のまわりには各種電池がありますが、意外なものを使って電池をつくることができます。まずは、キャラクター電池についてだ。左側にアルミアイテム、右にステンレスアイテムを持って並び、自分の抱える物体と隣の人のものを読み出し線でつなぐと電気が流れます。ポイントは食塩水で戦法をオーケーぬらして置き、ペーパーヤスリでメタルアイテムのよごれやコーティングを落としておくことです。全然勉強になりました。

警察署からの電話でドキッとしました。でも後でほっとしました。

 夕食を食べてる時に、実家のある街からの電話が入っていた。何事なのかと疑問を感じながら受話器を取る。その電話の向こうには警察署からだった。実家には年老いた母が一人暮らしをしている。彼女は一人暮らしは無理ということでかかりつけの医院からの連絡を受けていたので気持ちは焦った。もしかしたらという不安だけがありました。
兄の携帯に連絡をして警察からの電話があったことを伝えようとしても留守電だった。懲りずにまたかけるが間違い電話をかけてしまった。
 実家に電話をかけても指が思うとおりに動いてない状態がありました。
 ようやく、兄に連絡がついたら母親がそばにいることを知りようやく一安心をして、また警察署の方へ折り返し電話をかけることになりました。
 実家の方には警察官が訪れていているが家の中には誰もいないとのことでした。
えっ・・確か兄は実家にいるみたいなことを言っていたようだけど自分の勘違いだったのでは、とにかく警察署の方に兄の携帯の電話を伝えた。
母も元気にいるようで安心をしましたけど本当にひやりとして瞬間があって怖かったです。