夏に収穫時期を迎えるスイカの栄養成分をご紹介します。

スイカは5月中旬頃から小玉スイカの収穫が始まります。

収穫時期は6月中旬から7月にかけてとなります。スイカはどのような栄養成分があるのかを紹介したいと思います。

スイカには約90%の水分と約10%の糖分が含まれています。そのため、スイカを食べることは水分と糖分を補給する方法として効果的です。現在、スイカに含まれる成分で注目されているのは、主にカリウム・シトルリン・リコピンの3つです。

まず、カリウムは現代人にとって不足しがちなミネラルの一つと言われていて、体内にある余分な塩分を尿として排出する作用があります。塩分の多いものをよく食べる人にとっては、スイカは非常に有効的な果物と言えるでしょう。

次に、シトルリンという成分はアミノ酸の一種で体内の血流を改善する効果があります。脳内の血流も促進するので脳を活性化させて、やる気を高める効果が期待できます。

シトルリンという成分は西瓜以外の果物にはあまり含まれていないもので、近年になって医学的な方面からも大きな注目を集めています。

リコピンには動脈硬化やがんの原因になる活性酸素を抑制する老化予防に働きがあります。リコピンというとトマトに沢山含まれている成分とイメージする人も多いと思います。

しかし、実はスイカにはトマトの約1.5倍のリコピンが含まれているのです。

このようにスイカには栄養成分が豊富に含まれている食べ物なのです。

皆さん、この夏はどんどんスイカを食べていきましょう。ミュゼ 100