ありえへん世界でやっていた飛行機の急死に一生が凄かった

ありえへん世界でやっていた衝撃映像を見て震えました。

飛行機で操縦中に突然機長室と言うのでしょうか。

窓ガラスが割れてしまったのです。

イギリスの話なのですが、機長がどこにもいない!となって見てみると、機長はなんと飛行機の外にくっ付いていたのです。

飛行機は操縦不能に陥りましたが、なんとか操縦が出来るようにして緊急着陸をさせて全員助かったという話でした。

上空はマイナス20℃ということでかなり寒いようです。

そんな中機長はずっと機体に張り付いていたのですが、生きていたなんて奇跡ですよね。

びっくりなのは半年後にはもう現場に復帰したそうです。

これはイギリスではきっと大きなニュースになったのではないでしょうか。

窓が外れた原因はネジのサイズが違ったことが原因らしいです。

離陸前に窓の交換をしたそうなのですが、ネジを誤ってサイズが小さい物で留めていたそうです。

大事故に繋がるのでちゃんと確認をしてネジを留めなければいけないですね。脱毛ラボ 48箇所