企業の役割や社会的責任についての勉強をした

企業の役割について勉強しました。企業は、利潤率を高めることを目的として厳しい競争を展開します。この過程で新しい商品が開発され、技術開発や経営改善が進み、経済の発展が実現されます。こうした進歩をシュンペーターはイノベーション(技術革新)とよんだそうです。リサイクル率を高め廃棄物を出さない(ゼロ・エミッション)など、環境保全に注意をはらうことも求められています。ゼロ・エミッションは再利用していく生産システムのことです。企業の努力が、よりよい循環型社会をもたらすのです。1996年には、環境に配慮していることを示すISO(国際標準化機構)の認証がおこなわれ、事実上の統一規格となったそうです。ISOとは、国際間のモノ・サービスの流通を促進させるための国際的標準規格のことだそうです。企業は、取り引きを円滑に進めるために、ISOの取得をめざしているそうです。このことを勉強して、ゼロ・エミッションなど知らない言葉ばかりが出てきたので勉強して良かったです。銀座カラー全身脱毛